双方向画像転送システムLNET-170

双方向画像転送システム Lesson Mate LNET-170

教室
双方向画面転送システム
Lesson MateLNET-170

ワンタッチ操作で画面転送が思いのまま
生きた教育現場をささえます。

  • マーキング機能標準搭載!
  • リアルタイム画像送信(ハードウェア方式)
  • OSに依存せず、LANとの共存も快適!!
  • ハードで簡単・リアルタイム 一斉フル画面転送!
  • リアルタイムでビデオ動画も送信でき、マルチメディア教室に最適
  • 従来の双方向ハードウェア画像転送システムの常識をうち破る超低価格

特長

簡単なシステム構成
ソフトに手を加えることなく、そのままシステムを組むことができます。教室のレイアウトにあわせて、自由に座席番号が付けられます。
双方向での画像転送
画像の転送や、受信を自在に行えます。
モジュラーケーブルで、画像転送
モジュラーケーブルで、デイジーチェーン方式で画像を転送しますので、専用の太い同軸ケーブルと異なり、床形状がフリーアクセス型でない場合でも安心です。
LANとの共存も快適
データ系LANとは別の、画像転送の専用線を設置しますので、画像転送を行ってもネットワークのトラフィックには影響を与えません。
手軽に扱える操作卓
先生用の操作卓は、手軽な操作で使用可能。コンピュータの知識が無くても、操作可能です。
マーキング機能標準搭載
先生パソコンの画面やビデオの画面に注釈を書き込んで転送できます。また、学生の画面を呼び出して、その画面を添削することもできます。
ビデオ教材の表示
スキャンコンバータを内蔵しており、ビデオデッキや書画装置を接続するだけで、RGBディスプレイにビデオ画像の表示ができます。スキャンコンバータにはTBC(タイムベースコレクタ)が内蔵されており、静止画も鮮明に表示できます。
リアルタイム動画転送
先生のパソコンのマウスカーソルの動きや、ビデオの画面などの動画もハードウェア方式でリアルタイム転送できます。
ひとクラス最大120名(2教室統合モード時)
先生は教壇に座ったままで学生全員の指導はもちろん、学生一人一人の学習状況の確認をすることができます。
キーボード・マウスロックソフトウェアを添付
キーボード・マウスロック用ソフトウェアを添付していますので、TCP/IPのLAN環境でセットアップしていただければ、手軽に一斉にキーボード。マウスロックをすることができます。(但しWindows95・Windows98・WindowsNT4.0で対応)
さまざまなOSに対応
Windows2000・Windows95・Windows98・WindowsME・WindowsNT・Mac OS、UNIXなど様々な、OSに対応。
対応機種
PC/AT互換機(DOS/V機)、NEC PC98-NX PC-9821、Macintosh、ワークステーション等。

機能一覧

マーキング機能

コメントを入れて画面転送
モニターを黒板代わりに

パソコンやビデオなどの課題画面にカラフルな書き込みをして転送できます。また、学生の解答画面に書き込みをして個別に指導ができます。書き込みは、軌跡や直線だけでなく円や四角などの図形も、自由に描画できます。

マーキング機能

TBC内蔵スキャンコンバータ

ビデオデッキの静止画も
鮮やか表示

ビデオ画面をパソコンの画面に表示させるためのスキャンコンバータにTBC(タイムベースコレクタ)を内蔵しておりますので、ビデオデッキの一時静止画面もきれいに表示できます。これによりビデオ教材の活用の幅が広がります。

TBC内蔵スキャンコンバータ

専用コンソールで簡単操作

簡単操作で画面転送
出席人数の確認もできます

専用コンソールでのボタン操作で、簡単画面転送。画面ソース選択や、学生画面スキャンも、簡単なボタン操作で自由自在に行えます。また、学生の出席人数もコンソールに表示でき、出席確認もスムーズに行えます。

専用コンソールで簡単操作

オートスキャン

学生全員のトータルな理解度を
自動的にチェックできます

全学生の画面を、ひとりずつ順番に、先生側の画面に映しだしてチェックできます。課題に対する学生たちの理解度を、トータルに判断する場合などに便利。課題内容や人数に応じて、ひとりあたりの時間を、自由に設定できます。

オートスキャン

先生→個人 学生→個人への画面転送

マンツーマンで、ヒントや文書例
適切なアドバイスが行えます

指定した学生だけに、課題のヒントや解答を表示した画面、パソコンの文書作成例などを転送できます。また逆に、先生からのヒントや例だけでなく、一学生の模範解答画面などをピックアップして、学生全員の画面に同時転送することが可能です。

先生→個人 学生→個人への画面転送

リアルタイムビデオ画像転送

ビデオソースを2系列から選択して
パソコン画面に転送。教育効果バツグン

ビデオ入力が2系統装備されてますので、、ビデオデッキだけでなく、書画装置やビデオカメラなどを直接接続して、ワンタッチで選択・転送できます。キー操作やマウスの動き、発声時の口の動きなども含めた、教育に有効な動画が送信可能。

リアルタイムビデオ画像転送

グループ別教育

生徒の学習状況やレベルに応じて
グループ別の指導も行えます

最大6グループまでの、グループ設定が行えます。グループごとに学生から全員へ画面転送を行ったり、グループごとのオートスキャンが可能ですので、教室を複数のグループに分けての、授業の進行に威力を発揮します。

グループ別教育

簡単画像転送

パソコンの電源を入れなくても
ビデオの画像のみを送信可能

学生のパソコンの電源を入れなくても、学生モニターの電源さえ入れれば、画像転送が可能です。従ってパソコンを操作しなくてもビデオ画像の転送ができますので、パソコン教室が手軽に、多目的なビデオ教室になります。

簡単画像転送

ブラックアウト機能

学生を講義に集中させる
ブラックアウト

課題を与えての自主授業から、講義授業に移るときなど、学生パソコンの使用を一時中断させたいときなどに、学生パソコンのモニターをブラックアウトさせることができます。これによりメリハリのある授業進行が行えます。

ブラックアウト

キーボードロック

ヨーイ・ドンで、入力スタート
試験開始などに

添付のソフトウェアをセットアップすることにより、全学生キーボードを、入力できないようにロックします。たとえば、パソコンの実技試験を行う場合なら、ロック解除で試験開始、再びロックをかけて試験終了という具合に使えます。
(Windows95・Windows98・WindowsNT4.0でソフトウェア対応)

キーボードロック

マニュアルスキャン

気になる学生は、個別にチェック
一人一人を、きめ細かく把握

特定の学生を指定して、その学生の画面を先生側の画面に映し出すこともできるので、気になる学生の画面を重点的にチェックして、各学生の授業への理解度を把握して、きめ細かな指導のための土台作りが行えます。

マニュアルスキャン

先生→全員 学生→全員への画面転送

課題や解答を、全員にリアルタイムに
同時転送できます

先生側の画面を、学生全員に同時転送できます。また、先生の画面だけではなく、特定の学生の画面やビデオ映像なども、リアルタイムで同時送信できます。先生のマウス操作の細かいポイントまで、余すことなく転送可能。

先生→全員 学生→全員への画面転送

接続構成

機器構成

型番 品名 備考
LNET-M170 LNET-170マスター装置 画像転送装置親機 (先生用)
LNET-S170 LNET-170スチューデントユニット 画像転送装置子機 (学生用)
LNET-S176 スチューデントユニット 中間ディスプレイ電源ユニット対応版 ※1
  • ※1中間ディスプレイの電源管理をするための中間ディスプレイ電源ユニットを使用するために必要です。

システム構成

学生数20人 学生数30人 学生数40人
数量 数量 数量
LNET-M170 1 1 1
LNET-S170 10 15 20

オプション

型番 品名 備考
LNET-MPC 中間モニター電源管理ユニット 中間ディスプレイ電源管理ユニット
LNET-MS172 マスタースレーブ接続キット(~20m) 1教室2教室分離統合機能用 ※2
LNET-MS175 マスタースレーブ接続キット(21~50m) 1教室2教室分離統合機能用 ※2
  • ※21教室2教室分離統合機能をご使用になる場合、マスター装置2台とマスタースレーブ接続キットが必要です。

構成イメージ図

中間モニターを接続する場合 (おすすめ)

中間モニターを接続する場合の構成図
  • 確認用モニターは無くてもご使用いただけますが、マーキング機能をご使用になる場合は必要です。
    また、学生画面の受信用モニターが先生の画面とは別にあった方が便利ですので、確認用モニターを接続することをおすすめします。

中間モニターを接続しない場合

中間モニターを接続しない場合の構成図
  • 確認用モニターは無くてもご使用いただけますが、マーキング機能をご使用になる場合は必要です。
    また、学生画面の受信用モニターが先生の画面とは別にあった方が便利ですので、確認用モニターを接続することをおすすめします。

機器仕様

マスター装置(先生用)

マスター装置(先生用)
型番 LNET-M170
端末接続台数 最大60台(1台のスチューデントユニットに2台の端末を接続)
入力ソース コンピュータ2系統(アナログRGB)とビデオ2系統の中から1つを選択
※NTSC信号はスキャンコンバーターにより、RGB信号に変換して分配 ※1
結線方式 4ラインまでのデイジーチェーン方式
対応解像度 640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768 ・ 1152×864 ・ 1280×1024 ※2
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 550VA以下(スチューデントユニット30台を含む)
外形寸法 147(W)× 282(D)× 205(H)mm
重量 3.0kg
付属品
  • 操作卓
  • マウス
  • 先生コンピュータ接続RGBケーブル(RGBミニDSUB15Pinオス~オス)
  • マスター・ブランチ間接続ケーブル(4本組8Pin~8Pinモジュラーケーブル)
  • ※1ビデオの静止画は機種により乱れることがありますので、TBC内蔵型のビデオデッキをお勧めします。
  • ※2640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768はリフレッシュレート60~75Hz、1152×864 ・ 1280×1024はリフレッシュレート60~72Hzでご使用いただけます。使用するコンピュータ・モニターは使用する解像度で、2種類以上のリフレッシュレートに対応しているものをご使用ください。

スチューデントユニット(学生用)

スチューデントユニット(学生用)
型番 LNET-S170
接続端末台数 1台につき2端末
対応解像度 640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768 ・ 1152×864 ・ 1280×1024 ※1
出力信号 アナログRGB信号
入力信号 アナログRGB信号
電源 マスター装置から供給
外形寸法 197(W)× 145(D)× 45(H)mm
重量 1kg
付属品
  • ブランチ間ケーブル(4本組8Pin~8Pinモジュラーケーブル)
  • 学生コンピュータ接続RGBケーブル(RGBミニDSUB15Pinオス~オス)
  • ※1640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768はリフレッシュレート60~75Hz、1152×864 ・ 1280×1024はリフレッシュレート60~72Hzでご使用いただけます。使用するコンピュータ・モニターは使用する解像度で、2種類以上のリフレッシュレートに対応しているものをご使用ください。
ページのトップへ