授業支援システム『LNET』シリーズ 比較表選択ガイド

LNETシリーズ比較表

現在ラインアップされている授業支援システム『LNET』シリーズの仕様・機能等を比べてご覧いただけます。

システム区分 片方向転送モデル
HDMI・DVI対応 アナログRGB対応
システム名 LNET-820 LNET-830 LNET-834 LNET-720 LNET-730 LNET-740
システム仕様
中間ディスプレイ接続台数/システム 64
*27
50 64 128
*18
100
*1
 
学生パソコン接続台数/システム           128
スチューデントユニット台数/システム 32 50 64 32
*19
50
*1
64
*1
スチューデントユニットに接続可能な端末の台数 中間ディスプレイ 2
*28
1 1 4 2/1*20  
学生パソコン・ディスプレイ           2
画像仕様 画像転送 片方向
双方向            
ハードウェア転送方式
アナログRGB対応      
デジタルDVI-D対応
*29
     
HDMI対応      
対応解像度 WUXGA(1920x1200)      
Full HD(1920x1080)
UXGA(1600x1200)      
SXGA(1280x1024)
XGA(1024x786)
送信ソース数 アナログ映像入力
(D-Sub 15ピン)
  1 1 3 3 3
デジタル映像入力
(DVI-D)
  3 3      
HDMI 1 1 1      
ビデオ(NTSC)   1 1 3 3 3
アップスキャンコンバータ WUXGA(1920x1200)            
UXGA(1600x1200)       *24 *24
SXGA(1280x1024)  
WXGA(1280x768)      
XGA(1024x786)  
音声仕様 音声転送 片方向 *30   *26      
双方向            
ステレオ音声対応        
先生側
音声入出力数
ライン入力     5      
マイク入力     1      
ライン出力     2      
ヘッドフォン出力     1      
マイク出力            
HDMI音声入力 1          
学生側
音声入出力数*16
ライン入力     1      
マイク入力            
ライン出力     1      
ヘッドフォン出力     1      
マイク出力            
HDMI音声出力 1*31          
画像系
中間ディスプレイへの転送  
学生ディスプレイへの転送          
画像送信 一斉転送(全員)
グループ・個別            
画面選択機能 (自画面と送信画面の切替え)          
学生ディスプレイへの強制送信機能          
学生パソコン OFF時の学生ディスプレイへの画像送信          
学生画面の受信(モニタリング)            
学生画面の自動巡回受信(モニタリング)
(全員・グループ)
           
モデリング機能
(特定学生画面を他の学生に転送)
           
マーキング機能    
プロジェクタ出力 (ON/OFF機能)    
プロジェクタと学生側に別ソースの転送    
音声系
音声送信 一斉転送(全員)        
グループ・個別            
音声ミキシング機能          
ALT(語学指導助手)対応            
画像と音声を連動して送信            
学生音声(パソコン・マイク)の個別受信            
学生音声の巡回受信(全員・グループ)            
音声モニタリング機能
(先生がこっそり聞く)
           
音声モデリング機能
(特定学生の音声を他の学生に送信)
           
会話機能 学生間の会話            
グループ会話            
グループ・ペア会話に先生が参加            
モデルとなる会話を他の学生に転送            
インカム機能            
プレス&トーク機能            
コールレスポンス機能            
学生ミュート機能            
音声自習機能            
操作系・管理系・その他
操作ボックス    
標準操作ボード            
レイアウト対応操作ボード            
コンソールソフト            
赤外線リモコン    
出欠表示機能            
注目機能(ブラックアウト機能)        
キーボード・マウス・ロック機能 ハードウェア方式           *25
ソフトウェア方式   *13 *13   *13 *13
キーボード・マウス介入機能 ハードウェア方式            
ソフトウェア方式            
キーボード・マウス逆介入機能 ハードウェア方式            
ソフトウェア方式            
先生コール機能            
簡易グループ機能            
タイマー機能            
ソフト連動ボタン   *14 *14   *14 *14
外部制御用ポート RS232C制御ポート  
外部機器制御ポート    
スチューデントユニット固定マグネット    
接続ケーブルの本数*17 2 2 2   1 1
接続ケーブルの単線化      
LANケーブル対応
鉛フリー対応
対応OS
Windows/Mac OS/Linux/UNIX *15 *15 *15 *15 *15 *15
Windows 8 / 7
オプション(ハードウェア製品)
液晶タブレットによるマーキング    
LNETペンマーキングキット    
7対3 LNET連動音声セレクタ        
ノートPC対応2対1切替器  
中間ディスプレイ電源管理ユニット    
スムーズスイッチングユニット            
HDMI延長器      
学生ファンクションボタン            
19インチラック収納用L型金具(1U)            
19インチラック収納用L型金具(2U)        
19インチラック収納用L型金具(3U)        
マスタースレーブ接続キット(LNET-830/834用)        
マスタースレーブ接続キット(片方向機種用)        
マスタースレーブ接続キット(双方向機種用)            
ヘッドセット      
ヘッドフォン      
HDMI→DVI変換ケーブル      
HDMIケーブル      
ステレオミニプラグケーブル      
ステレオミニプラグ延長ケーブル      
片方向機種操作ボックスシート    

●:標準装備 ○:一部条件・制限等あり △:オプション ☆:無償提供ソフト

  • * 1解像度がSXGAを超える場合は、8ライン×スチューデントユニット 5台までの接続になります。
  • * 2標準仕様を超える解像度にも多数の対応実績がございます。詳しくは営業部までお問合せください。
  • * 5プロジェクタ出力のON/OFF機能はありません。
  • * 7複合操作で実現が可能です。
  • * 8マスター装置の前面にある切換えスイッチによる操作になります。
  • *10PS/2仕様とUSB仕様に対応しています。
  • *12Windowsのみの対応になります。
  • *13操作ボックスのファンクション設定ソフトに簡易ロック機能(キーボード・マウスのロックON/OFF)が無償にて提供されています。
  • *14ボタンに連動するソフトウェアはWindows版のみの対応になります。
  • *15動作環境の設定ソフトはWindows版のみの対応になります。
  • *16学生1人あたりの数です。
  • *17マスター装置に1台のスチューデントユニットを接続するために必要なモジュラーケーブルの本数です。デイジーチェーンで後段のスチューデントユニットを接続する場合も同様のケーブルを使用します。
  • *18マスター装置1台につきスチューデントユニットを最大8台接続可能。スチューデントユニット1台につきディスプレイを4台接続可能。映像セレクタ「LNET-SL72」に4台のマスター装置を接続することで、最大128台のディスプレイの接続が可能。
  • *19マスター装置背面の接続ラインが8ポート。1ポートにつきスチューデントユニットを1台接続。映像セレクタ「LNET-SL72」に4台のマスター装置を接続することで、最大32台のスチューデントユニットの接続が可能。
  • *20スチューデントユニット「LNET-S730」は最大2台、「LNET-S730S」は1台の中間ディスプレイが接続できます。
  • *21先生コール機能・画面切替機能・プレス&トーク機能・コールレスポンス機能は、オプションの学生ファンクションボタンの導入により使用できます。(コールボタンとして使用するか画面切替えボタンとして使用するかは、設定によりどちらかの選択になります)
  • *24入力機器および出力機器の構成によっては表示できない解像度や表示できないリフレッシュレート(垂直走査周波数)があります。その場合はSGXA以下での運用をお勧めします。
  • *25USB仕様に対応しています。キーボード・マウスはUSB接続に統一して下さい。
  • *26マスター装置のライン入力端子、マイク入力端子に接続した機器及びHDMI入力端子に接続した機器の音声を学生側に転送します。
  • *27スチューデントユニット(子機)1台につき中間ディスプレイ2台接続可能な「LNET-S820」を用いた場合の台数です。LNET-S834を用いた場合は、中間ディスプレイ接続台数は最大32台になります。
  • *28スチューデントユニット(子機)に「LNET-S820」を用いた場合の台数です。「LNET-S834」を用いた場合は、中間ディスプレイ接続台数は1台になります。
  • *29スチューデントユニット(子機)に「LNET-S834」を用いた場合は接続端子はDVI-Dになります。マスター装置はHDMI端子のみです。
  • *30HDMI端子に接続した機器の出力音声を学生側に転送きます。スチューデントユニット(子機)に「LNET-S820」を用いる場合はHDMI端子による出力になります。「LNET-S834」を用いる場合はライン出力端子になります。
  • *31スチューデントユニット(子機)に「LNET-S820」を用いる場合の数です。「LNET-S834」を用いる場合の数は「LNET-834」の欄をご覧ください。
  • 製品の仕様・デザイン等は予告なく変更することがあります。
  • LNETは、当社の登録商標です。その他の会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
ページのトップへ