LNET活用事例中間ディスプレイとプロジェクタに別画像を送信

中間ディスプレイとプロジェクタに別々の画像を送信することができます

授業支援システム『LNET』シリーズでは、中間ディスプレイ(教材提示用ディスプレイ)とプロジェクタに別ソースの画像を転送することができます。
中間ディスプレイには動画を配信し、プロジェクタにはパソコン画面の静止画を映すなど、2つの教材ソース画面を映すことで、効率的な授業展開が可能になります。
ここでは、ごく一部の活用事例をご紹介します。

  • ビデオ系を別々に送ることはできません。

活用例

例1

一方でビデオ教材 一方で選択問題等を表示し学生に回答をさせる。

教材画像の信 イメージ図(活用例1)

例2

教材画像の信 イメージ図(活用例2)

例3

一方で操作手順の項目を表示。見本に基づき先生が実操作をしてみせる。

教材画像の信 イメージ図(活用例3)

例4

一方で操作手順の項目を表示。 その項目に従い、特定の学生に操作させ全員に発表させる。

教材画像の信 イメージ図(活用例4)

対応システム

上記の例のほかにも、いろんな活用ができると思います。
是非『LNET』シリーズをご提案ください。
不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社ランドコンピュータ
営 業 部

  • TEL06-6304-8424
  • FAX06-6307-2121
  • E-mailお問い合わせを下記リンク先より受け付けております。
  • WEBフォームはこちら
ページのトップへ