片方向画像転送システムLNET-720仕様

片方向画像転送システム LNET-720 中間ディスプレイ一斉転送モデル

システム仕様

対応信号 アナログRGB
転送方式 ハードウェア転送
転送方向 片方向(先生側→学生側) 一斉転送
ディスプレイ接続台数/システム 最大128台 ※1
スチューデントユニット接続台数 / システム 最大32台 ※2
対応解像度 最大WUXGA(1920×1200) ※3
送信ソース数 アナログRGB × 3
ビデオ(NTSC)× 3 ※4 ※5
アップスキャンコンバータ XGA(1024×768) ・ SXGA(1280×1024) ・ UXGA(1600×1200)
接続方式 8ポートのスター型方式
接続ケーブルの本数 1本 ※6
  • ※1マスター装置1台につきスチューデントユニットを最大8台接続可能。スチューデントユニット1台につきディスプレイを4台接続可能。映像ソースセレクタ(LNET-SL72)に4台のマスター装置を接続することで、最大128台のディスプレイの接続が可能。
  • ※2マスター装置背面の接続ラインが8ポート。1ポートにつきスチューデントユニットを1台接続。映像ソースセレクタ(LNET-SL72)に4台のマスター装置を接続することで、最大32台のスチューデントユニットの接続が可能。
  • ※3パソコン・ディスプレイは、使用する解像度で2種類以上のリフレッシュレートに対応しているものをご使用ください。
  • ※4ビデオ信号(NTSC)はアップスキャンコンバータによりアナログRGB信号に変換して転送。
  • ※5ビデオの静止画は機種により乱れることがありますので、TBC内蔵型のビデオデッキをお勧めします。
  • ※6マスター装置に1台のスチューデントユニットを接続するために必要なモジュラーケーブルの本数です。

機器仕様

マスター装置 機器仕様

マスター装置 LNET-M720

型番 LNET-M720
映像入力 アナログRGB × 1(D-Subミニ15Pin)※1
映像出力 スチューデントユニット出力用ポート× 8 ※2
電源 AC100V ±10% (50/60Hz) 42W以下(60VA以下)
外形寸法 400(W)×200(D)×48(H) mm (但し突起部分を除く)
付属品
  • マスター装置~映像ソースセレクタ間用RGBケーブル(D-Subミニ15Pinオス~オス 3m)×1本
  • モジュラーケーブル(スチューデントユニット台数分)×1式(任意) ※3
  • ダストカバー×8セット
  • 電源ケーブル×1本
  • アース線×1本
  • マニュアル×1式
  • ※1映像ソースセレクタのRGB出力との接続端子。
  • ※2モジュラーケーブルで接続したスチューデントユニットを経由してディスプレイに転送。
  • ※3RJ45(8極8芯)プラグのモジュラーケーブルです。お客様でご用意されたLANケーブルでも接続できます。その場合はお知らせください。

映像ソースセレクタ 機器仕様

映像ソースセレクタ LNET-SL72

型番 LNET-SL72
映像入力 アナログRGB × 3(D-Subミニ15Pin)
ビデオ(NTSC)× 3(S映像端子/映像端子) ※1 ※2
映像出力 アナログRGB × 6(D-Subミニ15Pin)
  • 先生用PCの折り返し用出力 × 2
  • 確認用ディスプレイ用出力 × 1
  • プロジェクタ用出力 × 1
  • マスター装置用出力 × 2
電源 AC100V ±10% (50/60Hz) 15W以下(25VA)
外形寸法 400(W)×200(D)×44(H) mm (但し突起部分を除く)
付 属 品
  • 先生PC~映像ソースセレクタ間用RGBケーブル(D-Subミニ15Pinオス~オス 3m)×1本
  • 電源ケーブル×1本
  • アース線×1本
  • ※1ビデオ信号(NTSC)はアップスキャンコンバータによりアナログRGB信号に変換して転送。
  • ※2ビデオの静止画は機種により乱れることがありますので、TBC内蔵型のビデオデッキをお勧めします。

スチューデントユニット 機器仕様

スチューデントユニット LNET-S720

型番 LNET-S720
接続台数 スチューデントユニット1台につき、ディスプレイを4台接続可能
映像出力 アナログRGB(D-Subミニ15Pin)× 4
電源 マスター装置より供給
外形寸法 140(W)×80(D)×47(H) mm (但し突起部分を除く)
付属品
  • 教室レイアウトによっては、1台のスチューデントユニットにつき、4本のアナログRGB延長ケーブル(3m)を無償にて付属いたしますので、ご相談ください。
  • デュアルブート環境でも問題なく動作します。
  • マスター装置と映像ソースセレクタの機器構成で中間ディスプレイを65~128台接続する場合は、映像ソースセレクタの確認用ディスプレイ用出力とプロジェクタ用出力を利用しま す。また中間ディスプレイを65台以上接続する場合は、制御用ユニットが別途必要となります。
  • 商品の仕様・デザイン等は予告なしに変更することがあります。
  • LNETは、当社の登録商標です。その他の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
ページのトップへ