片方向画像転送システムLNET-80

片方向画像転送システム LNET-80

片方向画像転送システム LNET-80 写真
片方向画像転送システム
Lesson MateLNET-80

マーキング機能搭載
ソース選択式画像転送システム

  • 動画もリアルタイムで送信(ハードウエア方式)
  • OSに依存せず、LANとの共存も快適!!
  • パソコン教室に設置の中間モニターに
  • 先生画面をリアルタイム表示
  • マーキング機能が付いて
  • 価格はそのまま!!

LNET-80の特徴

  • マーキング機能搭載で便利さ倍増
  • 画像ソースとして、パソコン2台・ビデオ2系統から1つを選択
  • 先生に画面を、中間モニターへ「一斉」にリアルタイム転送
  • ビデオ・教材提示装置の画面もコンバートして、生徒モニターへ「一斉」にリアルタイム転送
  • 先生側で生徒機の「画面のブラックアウト」「キーボード・マウスロック」がワンタッチ
  • 操作ボードによる簡単な操作で画像の「送信」が可能
  • 「赤外線リモコン」で、ワンタッチ画面切替
  • マスター装置1台で、60台まで接続可能(4ライン×15台)
  • マスター装置2台で、120台まで接続可能
  • 2教室・1教室、分離統合機能
  • モジュラーケーブルで画像転送
  • 必要なケーブルは、教室のレイアウトに応じて製作添付
  • PC/AT(PS2キーボード・マウス)・USBキーボード/マウスに対応
  • 生徒側で画像切換可能

新機能

マーキング

LNET-80にマーキング機能が加わって更に使いやすくなりました。
TVやビデオの動画像やRGBの動画、静止画面上に簡単に描画してリアルタイムに転送できます。
( パソコンの機種、OSに依存しません)

パソコン画面スーパーインポーズ イメージ

先生のパソコン画面上にお絵かき感覚で線を引いたり、コメントを入れたりと、まさにパソコンを黒板代わりに利用できます。

直線、軌跡や、ポインタ等を大きさや色を変えて書き込みができるので、見た目が非常に判りやすくて発表などの時に便利です。

ビデオ画面スーパーインポーズ イメージ

ハード仕様のマーキング方式なので、パソコン画面だけでなく、ビデオ画面等の動画や書画装置や静止画にも線を引いたり、指示用のポインタを表示できます。

パソコンを使用しない視聴覚の授業などにも利用できます。

システム構成図

システム構成図

機器仕様

マスター装置(先生用)

マスター装置(先生用)
型番数 LNET-M82
端末接続台数 最大60台
入力ソース コンピュータ2系統(アナログRGB)とビデオ2系統の中から1つを選択
※NTSC信号はスキャンコンバーターにより、RGB信号に変換して分配
結線方式 4ライン×15端末までのブランチ方式
対応解像度 640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768 ・ 1120×750 ・ 1280×1024
接続状態 ディジーチェーン方式
消費電力 AC100V +-10% (50/60Hz)  160W以下
外形寸法 85(W)×300(D)×170(H)mm
重量 3.0kg
付属品
  • 操作ボックス
  • マウス
  • 赤外線リモコン
  • 先生コンピュータ接続RGBケーブル(RGBミニDSUB15Pinオス~オス)
  • マスター・ブランチ間接続ケーブル(2本組8Pin~8Pinモジュラーケーブル)

ブランチ装置

ブランチ装置
型番数 LNET-B81
接続モニター台数 1台につき1台
対応解像度 640×400 ・ 640×480 ・ 800×600 ・ 1024×768 ・ 1120×750 ・ 1280×1024
出力信号 アナログRGB信号
外形寸法 138(W)×78(D)×50(H)mm
重量 0.23kg
付属品
  • ブランチ間ケーブル(2本組8Pin~8Pinモジュラーケーブル)
ページのトップへ