授業支援システム『LNET』シリーズ 比較表選択ガイド

LNETシリーズ比較表

現在ラインアップされている授業支援システム『LNET』シリーズの仕様・機能等を比べてご覧いただけます。

システム区分 デジタルDVI・HDMI対応 アナログRGB対応
転送方向 片方向 双方向 片方向
システム名 LNET-820 LNET-830 LNET-834 LNET-870 LNET-720 LNET-730 LNET-740
システム仕様
スチューデントユニット接続数 32 64 64 32 8
*10
50
*1
64
*1
スチューデントユニットに接続可能な端末数 中間ディスプレイ 2 1 1 1 4 2/1*11  
学生パソコン・ディスプレイ       2     2
中間ディスプレイ接続数 64 64 64 32 32*9 100/50*1  
学生パソコン接続数       64     128
画像仕様
転送方向 片方向  
双方向            
送信ソース数(入力端子数) デジタルDVI-D   1 1 1      
HDMI 1(8)*13 4 4 4      
D-Sub 15ピン(アナログRGB)   1 1 1 3 3 3
ビデオ(NTSC)         3 3 3
プロジェクタ出力 HDMI×1*2 33 HDMI×1 HDMI×1 HDMI×1 D-Sub 15ピン×1*2 D-Sub 15ピン×1 D-Sub 15ピン×1
確認ディスプレイ出力 HDMI×1*14 デジタルDVI-D×1 デジタルDVI-D×1 デジタルDVI-D×1 D-Sub 15ピン×1 D-Sub 15ピン×1 D-Sub 15ピン×1
スチューデントユニット出力端子 デジタルDVI-D   1 1 1*16      
HDMI 2            
D-Sub 15ピン         4 2/1*11 2*17
対応解像度 WUXGA(1920×1200)        
Full HD(1920×1080)
UXGA(1600×1200)        
SXGA(1280×1024)
XGA(1024×768)
音声仕様
音声転送 片方向          
双方向            
ステレオ音声        
先生側
音声入出力数
HDMI(音声) 1(8)*13 (4)*15 4 4      
ライン入力   (3)*15 3 3      
ライン出力   (2)*15 2 2      
マイク入力   (1)*15 1 1      
ヘッドフォン出力   (1)*15 1 1      
マイク出力       1      
学生側
音声入出力数*7
ライン入力     2 2      
ライン出力     2 2      
マイク入力       2      
ヘッドフォン出力     2 2      
マイク出力       2      
画像機能
中間ディスプレイへの転送  
学生ディスプレイへの転送            
画像送信(一斉送信)
画面選択機能(自画面と送信画面の切替え)            
学生ディスプレイへの強制送信機能            
学生画面の受信(モニタリング)            
学生画面受信(モニタリング)の自動巡回(全員・グループ)            
モデリング機能(特定学生画面を他の学生に転送)            
マーキング機能    
プロジェクタと学生側に別ソースを転送    
音声機能
音声送信 一斉転送(全員)        
グループ・個別            
画像と音声を連動して送信        
音声ミキシング機能          
会話機能 先生と学生の会話            
学生間の会話            
グループ会話            
発表機能
(特定学生の音声を他の学生に送信)
           
操作/制御 その他
ソースセレクタ          
操作ボックス      
標準操作ボード            
レイアウト対応操作ボード            
出欠表示機能            
注目機能(ブラックアウト機能) *14
キーボード・マウスロック機能       *3   *3 *12
キーボード・マウス介入機能       *3      
ソフト連動ボタン   *4 *4 *4   *4 *4
外部制御用ポート RS-232C端子 *14
接点端子 *14  
接続ケーブルの本数*8 2 2 2 3 1 1 1
対応OS Windows
Mac OS/Linux/UNIX *6 *6 *6 *6 *6

●:標準装備 ○:条件/制限等あり

  • *1解像度がSXGAを超える場合は、8ライン×スチューデントユニット5台までの接続になります。
  • *2プロジェクタ出力のON/OFF機能はありません。
  • *3Windowsのみの対応になります。
  • *4ボタンに連動するソフトウェアはWindowsのみの対応になります。
  • *6動作環境の設定ソフトはWindows版のみの対応になります。
  • *7学生2人分の端子数です。
  • *8マスター装置に1台のスチューデントユニットを接続するために必要なモジュラーケーブルの本数です。デイジーチェーンで後段のスチューデントユニットを接続する場合も同様のケーブルを使用します。
  • *9マスター装置1台につき最大8台のスチューデントユニットの接続が可能で、スチューデントユニット1台につきディスプレイを4台接続可能です。映像セレクタ「LNET-SL72」に4台のマスター装置を接続することで、最大128台のディスプレイの接続が可能です。
  • *10マスター装置背面に8ポートの接続ラインがあり、スチューデントユニットを1ポートにつき1台接続できます。映像セレクタ「LNET-SL72」に4台のマスター装置を接続することで、最大32台のスチューデントユニットの接続が可能になります。
  • *11スチューデントユニット「LNET-S730」は最大2台、「LNET-S730S」は1台の中間ディスプレイが接続できます。
  • *12USB仕様に対応しています。キーボード・マウスはUSB接続に統一して下さい。
  • *13マスター装置の入力端子数です。弊社HDMIセレクタ「LNT-HD84U」をマスター装置に接続すれば8系統のソースを切替えて転送することができます。
  • *14弊社HDMIセレクタ「LNT-HD84U」を使用した場合に有効になります。
  • *15マスター装置に接続した機器の音声をアンプ等を経由して教室設置のスピーカーから出力する場合の接続になります。音声は学生側には転送されません。
  • *16この他に学生パソコン画面入力用のDVI-D端子×2、折返し用DVI-D端子×2を装備しています。
  • *17折返しディスプレイ接続用の端子数です。この他に学生パソコン画面入力用の端子×2を装備しています。
  • 製品の仕様・デザイン等は予告なく変更することがあります。
  • LNETは、当社の登録商標です。その他の会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
ページのトップへ